MENU

CLOSE

会員制度

会員制度

CHAdeMO協議会は開かれた組織として、ユーザ本位の社会インフラを構築するというビジョンを共有するさまざまな業種の会員で構成されています。
CHAdeMO協議会はスマートグリッド分野で活躍するエキスパートがイノベーティブな構想を提案・議論するフォーラムです。CHAdeMOは開かれたプラットフォームとして、持続可能なモビリティを促進する使命を共有する会員を募集しています。

様々な領域にわたる開かれたパートナーシップ

充電器メーカー
電力会社
自治体
その他ステークホルダ
部品メーカー
EVメーカー

会員(抜粋)

全会員一覧

会員向けサービス

CHAdeMO協議会は会員企業・団体の皆様にプロトコルやマーケットニーズに関する情報を提供します。

協議会活動への参加

CHAdeMOのメインの活動である技術規格の開発に加え、会員企業・団体の皆様が情報発信できる機会の提供や最新市場動向の共有も行っています。

技術部会:
技術部会は 2009年以来たゆまない技術改善を進めており、CHAdeMO規格や認証プロセスの改善を担う活動に世界各国の正会員が参加しています。
整備部会:
整備部会は、すべての会員が参加できるオープンな会合で、実証試験評価、充電インフラの設置事例・運用実績・ノウハウなどの情報を共有します。

ニュース配信

技術動向、イベント情報、充電インフラに関するニュースレターを隔月で配信しています。
ニュースレターを通じて世界の展示イベント情報や急速充電ネットワークプロジェクトなどの情報を入手することもできます。

ネットワーキング

CHAdeMO展示ブースや会議を通じたコミュニケーションチャネル

CHAdeMOでは欧州を主体に年に2〜3回の展示会に参加しています。会員限定のワークショップ、会議を通じ、世界のe-モビリティテークホルダとのネットワーキング機会が得られます。

テクニカルサポート

協議会には充電器・EVの開発をサポートする窓口があります。仕様書・マニュアルの改訂や検定のサポートを提供するとともに、会員からの個別の技術質問に対応します。

入会方法

CHAdeMO充電器およびEVの安全性、品質、相互運用性の向上に協力していただける全ての企業または団体が対象です。協議会には3つの会員種別があります。ご希望に沿った種別の入会申込書をメール添付にてCHAdeMO事務局(info@chademo.org)までお送りください。
事務局で申込書受領後、会則に基づき理事会で承認された後、会費の振込依頼書をお送りします。振込確認後に正式に会員登録されます。

正会員

正会員には急速充電器・V2Hシステム・大型/小型車両向け拡張を含む技術情報が共有され、各種規格の開発・改訂作業に参加できます。年会費50万円。

¥500,000 

申込書

賛助会員

賛助会員は、充電インフラの整備・普及に関する活動を行う会員で、CHAdeMO充電器の販売代理店もこれに該当します。年会費10万円。

¥100,000 

申込書

特別会員

特別会員は、行政・非営利団体等、理事会の認めた団体に限ります。CHAdeMO充電器の設置・運営事業者もこのカテゴリに入ります。会費はありません。

¥0 

申込書

種別 正会員 賛助会員 特別会員
Fee (per year) ¥500,000/年 ¥100,000/年 ¥0/年
総会・整備部会への参加
ニュースレター
サイトやパンフレットでの製品掲載 -
展示会での共同ブース参加 -
認証製品のウェブサイトへの掲載 -
技術情報の開示 - -
製品認証を受ける権利 - -
技術部会への参加 - -

会費について

協議会の事業年度は4月1日~翌年3月31日となります。10月以降に入会した場合、初年度の会費は半額となります。
会員は上記に定める年会費を支払います。会員が年度の途中で退会した場合、理由の如何によらず受領済みの会費は返金しません。
賛助会員のうち、一般利用可能な急速充電器を設置する事業者は、年会費が免除されます。

CHAdeMO協議会会則(2016年6月改訂)

 

  1. Home
  2. 会員制度

Scroll To Top