MENU

CLOSE

よくある質問

充電器の開発・設置に関して

1. CHAdeMO充電器(CHAdeMO対応EV)を輸入販売したいのですが、正会員になる必要はありますか?

製造元の充電器メーカおよび自動車会社様には所定の安全基準を満たし,確実な運用互換性を確保するため,正会員になることを強くお勧めします。販売代理店は正会員に入会する必要はありませんが,OEM供給を受けて自社の製品として充電器・EVを販売する場合,およびプロモーションのための情報共有をご希望する場合は賛助会員になることをお勧めします。

2. 日本国内で充電器を販売する場合にはCHAdeMO認証が必要と思いますが,そのほかに遵守すべき法律はありますか。

充電器のCHAdeMO認証は協議会が運用する自主基準であり法的な強制力はありません。ただし,公的補助金申請や電力供給契約,消防署への設置届け出などでCHAdeMO認証を取得していることの確認を求められることがあります。

3. 充電器の認証取得にはどれくらいの期間・費用がかかりますか?

新規で認証を取得する場合,検定機関の書類審査・試験は最短で2週間程度です。検定試験で不適合項目があった場合,ハード・ソフトの修正が必要になりますので,その時間は充電器の完成度によります。書類審査と試験の費用は各検定機関にご相談ください。検定合格後の認証登録に関して協議会の費用はかかりません。

4. 製品開発のため仕様書を入手するためにはどうしたらいいでしょうか?

CHAdeMOは国際標準として発行されており,規格そのものはJIS D61851-23,JIS D61851-24を検索して閲覧できます。しかし,製品開発では運用互換性を確実にするための試験基準,処理タイミング規定,エラー処理規定などの詳細情報が必要です。そのための技術文書を入手するには正会員として入会していただく必要があります。

5. 日本国内では500Vを超える充電器を設置できないのですか?

直流充電器の最大電圧は「電気設備の安全基準の解釈」で450Vと定められています。不特定多数の人が利用する公共充電器はこの法令に従う必要があります。
ただし,電気主任技術者が設備の保安・監督を行う自家用電気工作物はその限りではありません。

6. 今後は最低電圧150Vに統一されるのでしょうか?

CHAdeMO充電器は150V~450Vを必須要件,50V~150Vを推奨電圧としています。国内で設置されている充電器のほとんどは電池電圧が150V未満の軽車両にも対応できるように 50V~450Vに対応しています。一方最近では,高速道路のSAなどで導入されている100kW級充電器では最低電圧を150Vとしています。

7. 急速充電器にはロゴマークを貼らなければならないのでしょうか?

厚生労働省から各自治体にペースメーカ装着者が充電器を識別するため,CHAdeMOロゴマークの貼り付けが指示されています。認証済み充電器には事務局からステッカーを無償で配布しています。5cm角と11cm角の2種類があります。

入会手続きについて

1. 入会申込の代表者は代表取締役である必要がありますか?また、申込書には会社印が必要ですか?

代表者は所属部署の責任者でかまいません。印鑑は個人印または署名でもかまいません。申込書はメール添付でご提出いただけます。

2. 申込書にすべての連絡先(1, 2, 3)を記載する必要性はありますか?

メール連絡を希望する方だけを必要に応じてご記入ください。

  1. Home
  2. よくある質問

Scroll To Top